根管治療
根管治療
根管治療とは
根管治療とはよく言われる「根の治療」のことです。上記の第3度(C3)と言われる虫歯が歯の神経に達してしまい歯の神経が感染してしまったときにおこなう治療になります。
一般的な治療方法
治療方法はこの感染してしまった歯の神経(歯髄)を針みたいな道具(リーマー)を使用してひたすらホジホジ取っていきます。 歯の神経が取りきれたらその空間に粘土みたいな材料(ガッタパーチャポイント)を詰めて土台を立てて被せ物をして元の歯のように修復していく流れになります。 ところが、図のイラストでは神経(歯髄)が真っすぐで綺麗に書かれていますが、実際の歯の中は綺麗な空洞では無く、凸凹したり捻じ曲がったり、あるは途中のポケットの様な凹みがあったりします。 そういう隙間に感染してしまった歯髄が残っていると、そこからばい菌が繁殖し再発してしまうので、しっかり取り除く必要があります。 上記のように複雑な治療になるため成功率は熟練度に左右されます。 それを極力均一にしていける道具がのちに説明するマイクロスコープになります。 下記では歯髄を取り除く治療法について治療が簡単な順番で記載します。 よく勘違いしている方が居るのですが、虫歯の重症度(C0~C4)などと異なり、 時間の経過で重症になる訳では無く、体の抵抗力か歯髄への細菌の入り方で治療法が異なります。
根管治療の治療方法
<根管治療の主な治療法(種類)について>
抜髄
抜髄
抜髄とは虫歯が歯の神経に達してしまった時におこなう治療です。症状としては「何もしなくてもズキズキ痛みがある」「歯に穴が開いていて冷たい水が凄いしみる」などがあります。このようになってしまうと歯の神経は虫歯に感染してしまっているため歯の神経を取らないと痛みがなかなか引きません。
感染根管治療
感染根管治療
感染根管治療とは上記の歯の神経が感染したあとも治療しないで放置していたことで歯の神経が腐ってしまい根の先にばい菌を貯めこんだ状態です。主な症状は「歯茎が腫れて痛い」「歯が浮いた感じになって噛むと痛い」などがあります。治療方法は抜髄と同じですが、ばい菌が繁殖しているため何回も根の中を綺麗にしないといけません。なので治療回数が3~5回とかかってきます。
歯根端切除術
歯根端切除術
歯根端切除術とは根の治療をしたあとも根の先のばい菌がなくならず根の治療が上手くいかなかった時におこなう外科的な処置です。 基本的には前歯が適応となりますが、処置方法は簡単に言えば上記の画像の赤枠の部分を外科的に切り取ってしまう処置です。これをおこなうことで物理的にばい菌を除去できるため根の治療だけではうまく治らない症例に適応していきます。
<マイクロスコープによる根管治療>
上記のように人によって症状、根の形が異なり治療は熟練度に左右されます。 そこで極力治療の成功率上げるために使用するのがマイクロスコープになります。 当院でも成功率を上げるためマイクロスコープを導入しています。 神経まで細菌が到達してしまった方で根管治療をする方は、その歯科医院がマイクロスコープを導入しているか確認下さい。 高価な機械なので持っている医院は必ず当院の様に診断設備でマイクロスコープを紹介しています。 根管治療は細かい治療のためどうしても時間と回数がかかってしまう治療です。また根管の汚れ(感染歯質)は肉眼では確認することが非常に困難です。 そこでマイクロスコープという道具が特に、根管治療においては成功率の向上に大きく貢献しています。 マイクロスコープは根管内を2~25倍まで拡大してみることが出来るため、歯の根の内部に溜まった感染歯質を除去することを容易におこなうことが出来ます。 また根管は非常に複雑な構造になっており、目視では細かな部分まで確認することができません。 そのため、細菌を完全に除去することができず、再発のリスクが高まります。 マイクロスコープを使用すれば、根管の細かな部分まで拡大して確認することができます。 これにより、感染部分を見逃すことなく、細菌を除去することができます。 また、根管の形状や状態を正確に把握することができ、より正確な治療を行うことができます。
上記のように人によって症状、根の形が異なり治療は熟練度に左右されます。 そこで極力治療の成功率上げるために使用するのがマイクロスコープになります。 当院でも成功率を上げるためマイクロスコープを導入しています。 神経まで細菌が到達してしまった方で根管治療をする方は、その歯科医院がマイクロスコープを導入しているか確認下さい。 高価な機械なので持っている医院は必ず当院の様に診断設備でマイクロスコープを紹介しています。 根管治療は細かい治療のためどうしても時間と回数がかかってしまう治療です。また根管の汚れ(感染歯質)は肉眼では確認することが非常に困難です。 そこでマイクロスコープという道具が特に、根管治療においては成功率の向上に大きく貢献しています。 マイクロスコープは根管内を2~25倍まで拡大してみることが出来るため、歯の根の内部に溜まった感染歯質を除去することを容易におこなうことが出来ます。 また根管は非常に複雑な構造になっており、目視では細かな部分まで確認することができません。 そのため、細菌を完全に除去することができず、再発のリスクが高まります。 マイクロスコープを使用すれば、根管の細かな部分まで拡大して確認することができます。 これにより、感染部分を見逃すことなく、細菌を除去することができます。 また、根管の形状や状態を正確に把握することができ、より正確な治療を行うことができます。